地域の皆さまに愛され、安心する動物病院「平井動物病院」
平井動物病院トップ » 院長コラム » 【コラム】「AIM30」というフードについて
院長コラム
2022/03/07
【コラム】「AIM30」というフードについて

   
最近、「AIM30」というフードについてよく聞かれるのですが、動物病院には全く情報が来ておりませんので詳しいことはわかりません。
  
一応ネットで調べてみたところ、このフードにはAIMを活性化する「A-30」というアミノ酸が配合されているということのようです。
  
  
理論上は腎臓病予防効果が期待できるのでしょうけれども、実際に猫に投与して効果が出るかどうかはわかりませんし、おそらく確かめていないだろうと推測されます(確かめているならデータを開示してほしいです)。ふつうのペットフードという位置付けであり、手順を踏んで認可される医薬品とは異なります。ですから、効果があるかもしれませんし、全くないかもしれません。
  
  
臨床獣医師としては、希望的な話を鵜呑みにして効果が不明なフードを推奨することはできません。ただ、否定しているわけでもありません。価格はそこそこ高いようですが、「効果があればラッキー、効果がなくてもそれはそれでしょうがない」と思える方は試してみてもいいのではないかと思っております。
  
  
飼い主さんが期待したくなるのはよくわかりますが、魔法のフードというものではありません。また、療法食ではなく総合栄養食ですから、すでに腎臓病を発症している猫には不適です。腎臓病を治したいという目的でこのフードに賭ける価値はありませんので、すでに腎臓病用療法食を与えている場合は継続していただいたほうがいいでしょう。
  
  
なお、腎臓病用療法食はタンパク質が少なく健康に悪いフードです。腎臓病ではない動物には食べさせるべきではありませんし、予防効果もありません。腎臓が悪くもないのに療法食を食べさせるというバカなことをしている方は一定数いらっしゃいますが、予防のために何かしたいのであれば療法食よりもこのフードを選んでいただくといいのではないかという気はしました。
   
   
病気の予防とフードの関連については、こちらの記事(グレインフリーのフードについて)の後半にも書いてあります。

慢性腎臓病の治療については、こちらの記事(猫の慢性腎臓病の治療)に書いてあります。

doctorsfile
PETOKOTO
院長コラム 最新記事
院長コラム カテゴリ
各種予防 手術について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
採用情報
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
採用情報
お問い合わせ 03-5875-2273