地域の皆さまに愛され、安心する動物病院「平井動物病院」
平井動物病院トップ » 各種予防について / 各種病気について » 犬猫の臍ヘルニア
各種予防について / 各種病気について

犬猫の臍ヘルニア

 臍ヘルニアは犬猫でよくみられる奇形です。お臍の部分の腹筋が閉じておらず、穴が開いた状態となっています。そこから腹腔内の脂肪や内臓が脱出してきて皮下が膨らみます。押し込むと腹腔内に戻りますが、また出てきます。通常は痛みなどはありません。

 治療としては穴を塞ぐ手術を行います。ほとんどの場合、腹筋を縫合するだけで塞ぐことができます。

 手術を急ぐべきかどうかの判断は穴の大きさによって変わってきます。穴が小さければ脂肪だけが出てきますが、そのような場合は無治療で経過を見ていっても問題はありません。ただ、将来的に穴が大きくなったり炎症を起こしたりといったことも起こり得ますので、避妊や去勢などの際に同時に手術しておいたほうが安心であると言えます。

 穴が大きくて腸が出てくるような状態であれば、早めの手術が勧められます。腸が穴にはさまって戻らなくなった場合などは命に関わり、緊急手術が必要となります。

 膨らんでいる部分がいつもは柔らかいのに硬くなっていたり、押しても腹腔内に戻らなくなっていたり、痛みがあったりする場合は緊急性が高いと考えられますので、早急に動物病院を受診してください。それ以外の場合については折を見ての手術ということになります。

doctorsfile
PETOKOTO
各種病気について
各種病気 カテゴリ
各種予防 手術について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
お問い合わせ 03-5875-2273