地域の皆さまに愛され、安心する動物病院「平井動物病院」
平井動物病院トップ » 各種予防について / 各種病気について » 犬の椎間板ヘルニア
各種予防について / 各種病気について

犬の椎間板ヘルニア

 背骨と背骨の間にある椎間板がなんらかの衝撃により突出すると、脊髄を圧迫して痛みや麻痺を引き起こします。これが椎間板ヘルニアです。

 症状はヘルニアが起きた部位によって異なります。頚部のヘルニアでは首の痛みが主症状であり、前足や後ろ足の麻痺が生じることもあります。胸腰部のヘルニアでは背中の痛みや後ろ足の麻痺が生じます。重度の場合は足が全く動かなくなったり自力で排尿できなくなったりすることもあります。

 この疾患は発症しやすい犬種がはっきりしています。ミニチュアダックスフント、シーズー、ビーグルなどです。ミニチュアダックスフントでは胸腰部のヘルニアが多く、シーズーやビーグルでは頚部のヘルニアが多いようです。その他の犬種や猫でも発症することはあります。

 疑わしい症状がある場合、一般的にまずX線検査が行われます。ただ、ほとんどの場合においてX線だけでは確実な診断はできません。確定診断にはMRIや脊髄造影検査が必要となります。X線検査は、椎間板ヘルニアと同様の症状を起こし得る椎体骨折、脱臼、椎間板脊椎炎などを除外する意味でも行われます。

 MRIや脊髄造影検査は全身麻酔が必要であるため、症状が軽い場合は一般的には行われません。その場合は暫定的に診断して治療していくことになります。症状が重い場合や内科療法で改善しない場合にはMRIなどの検査が行われます。

 治療は消炎鎮痛剤またはステロイド剤の投与と、安静です。重度の場合は内科療法で治すことは困難であり、手術が必要となります。ただ、脊髄の損傷が激しいと手術をしても治らないことがあります。麻痺が生じている場合は治療を早く始める必要があり、治療が遅れるほど治る可能性が低くなります。

 椎間板ヘルニアは落下、段差による衝撃、激しい運動などにより発症しますので、そのような状況をなるべく避けることが望ましいです。また、体が重いほど負荷がかかりやすいため、体重の管理も重要となります。

 症状の注意点としては、痛みが生じる場合と麻痺が生じる場合があるということです。麻痺していれば気が付きやすいですが、痛みの場合は気が付きにくいこともあります。背中を丸めてあまり動かない、体を触ったり抱き上げたりした時に痛がる、といった症状となります。痛みが軽度の場合、関節痛や腹痛との鑑別が困難なこともあります。

 椎間板ヘルニアは比較的よく知られている疾患だと思いますが、体重管理がなされていないことも多いです。発症しやすい犬種を飼われている方は特に気を付けていただき、発症した場合はすぐに動物病院を受診してください。

doctorsfile
PETOKOTO
各種病気について
各種病気 カテゴリ
各種予防 手術について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
お問い合わせ 03-5875-2273