地域の皆さまに愛され、安心する動物病院「平井動物病院」
平井動物病院トップ » 各種予防について

各種予防について / フィラリア

 フィラリアは、犬が蚊に刺される際に感染するかもしれない寄生虫です。感染後の治療はリスクが伴いますので、予防が重要となります。

 フィラリア予防をする場合は、必ず決められた期間に毎月1回投薬をしてください。不完全だと意味がありません。

 また、当院では前年度完璧に予防されている場合はフィラリア検査を省略して処方しております。採血もしなくていいですし費用も安くなりますので一石二鳥です(3年に1回だけは検査します)。前年度完璧に予防されていない場合は翌年必ずフィラリア検査が必要となります。検査を希望されない方には処方できませんのでご了承ください。

 平井は、予防されていない方が非常に多い地域ですので、フィラリアの数が他の地域よりも多いと考えられます。感染確率も高いはずです。ただ、自らきちんと予防すれば感染はしませんので、がんばって予防していきましょう。


【コラム】犬と猫のフィラリア予防

各種予防について / ノミ・マダミ

ノミやマダニは動物や人を刺すだけでなく、病原体を媒介することもあります。

家の外に出る犬猫では1〜2ヶ月に1回の投与が必要です。背中に滴下するタイプあるいは錠剤タイプがあります。

各種予防について / 混合ワクチン

ワクチンの定期的な接種により、特定の病原体の感染を防ぐことができます。

犬では5~8種、猫では3~5種の混合ワクチンが一般的です。

注意点として、まれにワクチン後に調子が悪くなったり、アレルギー反応が起きたりすることがあります。可能であれば日中の早い時間にワクチン接種をし、その後飼い主様が家で様子を見られるようにしてください。

必要なワクチン、接種回数はその子によって異なりますので、お問い合わせください。

各種予防について / 狂犬病ワクチンについて

年1回の狂犬病ワクチン接種は法律によって義務付けられています。

日本は狂犬病の清浄国となっていますが、アジアなどでは今でも多数の死者が出ています。また、海外から持ち込まれるリスクもあり、2006年にはフィリピンで感染した男性が日本に帰国し、その後亡くなったという事例もありました。

現在全国で行われているワクチン接種は、1頭1頭の感染予防というよりは万が一外国から入ってきた時の蔓延予防という意味合いが強いと思いますが、御協力を頂ければと思います。

別の側面としては、接種していない犬が動物や人を噛んだりすると、飼い主のモラルを問われて大変な問題となることがあります。そのようなトラブルを防ぐ意味でも、きちんとワクチン接種を行っておくことをお勧めします。

ワクチン接種については、春の集合注射か、あるいは動物病院での個別の接種も可能です。

当院で行う場合、江戸川区に登録されている方は区から送られてきたハガキを御持参ください。更新手続きを代行致します。注射済票については後日のお渡しまたは郵送となりますので、御了承ください。

doctorsfile
各種予防 手術について
各種予防について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
野良猫の去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 各種予防について
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 野良猫の去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
お問い合わせ 03-5875-2273