健康診断で行う検査

動物病院において健康診断目的で行う検査としては、以下のようなものが挙げられます。

・血液検査
・X線検査
・超音波検査
・尿検査
・糞便検査
・心電図検査
・血圧測定

内視鏡、CT、MRIなどの検査も行うことは可能ですが、麻酔が必要なため一般的ではありません。バリウム検査は人では行うことがあるようですが、動物病院ではまず行いません。

どの検査を行うべきか

多くの検査を行うに越したことはありませんが、費用が高くなるという問題があります。
以下は、健康診断においてどの検査を行うべきかという点について考えていきます。

血液検査だけ行えばいい?

「健康診断=血液検査」というイメージを持たれている方は多いようです。「血液検査だけやっておけば大きな病気はだいたい見つかるでしょ?」と思われている方も多いようです。しかし、実際にはそんなことはありません。血液検査で発見できない病気はたくさんありますし、むしろ発見できない病気のほうが多いです。

・血液検査で発見できる病気の例
  血液の病気、肝臓・胆嚢の病気(一部)、膵臓の病気、腎臓の病気(一部)、内分泌疾患
・血液検査で発見できない病気の例
  心臓の病気、呼吸器の病気、胃腸の病気、肝臓・胆嚢の病気(一部)、腎臓の病気(一部)、膀胱・尿道の病気、大半の腫瘍

血液検査は最も有用な検査ではありますが、全ての病気を検出できるわけではありません。せっかく健康診断を行うのであれば、なるべく他の検査も一緒に行い、病気の見逃しを防いでいただきたいです。

毎年血液検査だけを希望される方もいらっしゃいますが、個人的にはお勧めしておりません。検査を絞るのであれば、他の検査(超音波など)と交互にやるなどの方法をお勧めしております。

血液検査で肝酵素(ALT、ALPなど)の高値がみられることがよくありますが、基準値より多少高い程度であればほぼ気にする必要はありません。多少の増減で一喜一憂するのは無意味であると言えます。

高齢猫においては、触診と血液検査だけでもかなり多くの病気を検出することができます。とりあえず血液検査だけやってみるというのも悪くはないでしょう。

超音波検査について

個人的には、血液検査に次いで超音波検査をお勧めしております。特に、お腹の中の異常を検出するのに役立ちます。高齢動物では腫瘍が気になりますし、若齢動物でも泌尿器の結石が気になります。X線検査よりも得られる情報は多いです。

心雑音が認められたり呼吸の異常があったりする場合は、お腹だけでなく心臓の超音波検査も行うといいでしょう。

X線検査について

当院では、無症状の場合はX線検査を積極的には行っておりません。理由は、あまり撮りたくないからです。

腹部に関しては超音波検査で大体は事足りますので、まずは超音波検査を行うようにしております。

胸部に関しては肺、気管支、気管、食道などが超音波では見えないため、X線検査の重要性が高いです。咳、呼吸困難、吐出などの症状がある場合は胸部X線検査を行うといいでしょう。

胸部X線検査によって肺癌を無症状のうちに発見できるというメリットもありますが、半年や1年毎の検査では早期の発見は難しく、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

尿検査について

尿検査を行うと、膀胱や腎臓の炎症、糖尿病、タンパク尿、腎機能低下などを検出できます。

泌尿器の症状(血尿、頻尿、多尿など)があったり超音波やX線検査で異常があったりした場合は、尿検査を行うといいでしょう。

また、犬においては腎臓病に伴うタンパク尿が生じる場合がよくあります。高齢犬では尿検査を行うといいでしょう。

糞便検査について

当院では、無症状の場合は糞便検査を積極的には行っておりません。

子犬・子猫・拾った猫などは寄生虫がいることがよくありますので、無症状でも一度検査してみるのはいいと思います。ただし、寄生虫が存在しても必ず検出できるわけではないため、検査で異常がなかったからといって寄生虫がいないと言えるわけではありません。多くの寄生虫は駆虫薬で同時に駆除できますので、当院では、検査をするしないに関わらず、また検査で検出されるされないに関わらず、一度駆虫薬を投与することをお勧めしております。

下痢や軟便の症状がある場合は、まず一般的な糞便検査を行い、その後必要に応じて感染症の特殊検査などを検討します。

その他(身体検査)

・体重減少
食欲が低下して痩せてくる場合と、食欲が低下していないのに痩せてくる場合があります。いずれも病気の可能性があります。

・聴診
犬の場合は、聴診をすれば心臓病があるかどうかはほぼわかります。

猫の場合は、聴診で心臓病があるかどうかわからない場合が多々あります。

・触診
触診によって皮膚や乳腺の腫瘤がわかります。お腹の中の腫瘤もわかる場合があります。

・口の中
歯周病や口内炎があるかどうかがわかります。

その他(問診)

・食欲低下・亢進
食欲が低下している場合は病気の可能性があります。また、食欲が異常に亢進している場合も病気の可能性があります。

・飲水量増加
飲水量が増えている場合は病気の可能性があります。

健康診断をどの病院で行うべきか

健康診断はどの病院でやっても同じということはありません。方針が病院によって異なりますし、実力差も出てきます。

信用できる病院をかかりつけにし、その病院で健康診断を行うのが望ましいでしょう。

健康診断の頻度

健康診断の頻度は1年に1回とか半年に1回とか言われますが、決まりはありません。高齢になるほど病気になる確率は高くなりますので、若齢時よりは高齢時において積極的に行ったほうがいいということは言えます。

健康診断の目的

健康診断を行う目的は、「病気を早く見つけ、早く治療を開始し、なるべく良い体調を維持して長く生きる」ということだと思います。

健康診断で病気が見つかった場合は、ぜひ治療までお考えください。検査だけ行って治療を行わない方もいらっしゃいますが、それでは何のために検査しているかわかりません。治療が困難な病気もありますし、治療するのが飼い主の義務というわけでもありませんが、健康診断を行うだけで満足していてはあまり意味がないということは頭に入れておいていただければと思います。

また、病気はゆっくり進行するものばかりではなく、短期間で発症する病気もたくさんあります。定期的に健康診断を行って異常がなかったとしても、その後に何か症状がみられた場合は早めに動物病院を受診してください。

歯周病について

中高齢の動物で問題になることが最も多い病気は歯周病だと思われます。歯周病は口の中だけでなく全身(心臓、腎臓など)への悪影響も及ぼすため、健康管理のためには歯周病の治療および予防が重要となります。

健康に気を使って健康診断を行うのは良いことなのですが、歯周病の治療を避けていると結局のところ健康管理は上手くいきません。「健康診断でいろいろ検査するよりも歯周病の治療したほうがいいんじゃない?」という状況には度々遭遇します。ただし、麻酔が嫌だという方を説得するのは困難である上に強制力もありませんので、治療を諦めることも多いです。一応必ず一度は説明しておりますので、聞く気がある方は聞いてください。

関節痛について

犬も猫も、高齢になると関節が痛んでくることが多いです。明らかに足が痛そうに見えなくても、体の動きが遅くなったり段差が上がれなくなったりしていたら関節痛が存在する可能性が高いです。そのような場合は、四肢のX線を撮ってみてもいいですし、X線を撮らずに関節のサプリメントを試してみてもいいでしょう。

関節のサプリメントとしては、アンチノールという製品が驚くほどによく効きます。似た製品もありますが、当院ではアンチノールのみを勧めております。

歯周病も関節痛も、すぐに生死に直結するわけではありませんが、動物の苦痛軽減および健康状態の維持という面で非常に重要となりますので、治療をお考えいただければ幸いです。

まとめ

・当院では血液検査、超音波検査、尿検査、X線検査の順で推奨

・何らかの症状がある場合は、それに関連した検査を優先

・問診および身体検査も重要

・検査だけ行って治療を行わないというスタンスだと、あまりやる意味がない

・健康診断で異常がなくてもその後病気になる可能性はあるため、何か症状があれば動物病院へ

・高齢動物で多くみられる歯周病・関節痛の治療を推奨

次回以降は、犬と猫毎にもう少し具体的な内容を書いていきます。

doctorsfile
PETOKOTO
各種予防 手術について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
お問い合わせ 03-5875-2273