地域の皆さまに愛され、安心する動物病院「平井動物病院」
平井動物病院トップ » 症例紹介 » 症例:猫の抜爪手術
症例紹介
2017/02/05
症例:猫の抜爪手術

 5歳の猫です。一部の爪が変な方向に生えており、剥がれたり出血したりしていました。

DSCF4014

 また、一部の爪はなぜか皮膚の内側に埋まっていました。爪が完全に皮膚に覆われており、内部で伸びて腫れたり出血したりしていました。

DSCF4010  DSCF4011

 治療としては爪を切除するしかないと考えられましたので、抜爪手術(後肢の大部分+前肢の1本)を行いました。術前は肢を触るだけで怒って暴れていたのですが、術後は触っても怒らなくなりましたので、相当痛かったのではないかと思われます。

DSCF4035

 原因は爪の奇形と考えられました。

doctorsfile
症例紹介
各種予防 手術について
各種予防について
定期健康診断
去勢・避妊手術について
野良猫の去勢・避妊手術について
各種病気について
症例紹介
お問い合わせ 03-5413-6301
  • 各種予防について
  • 定期健康診断
  • 去勢・避妊手術について
  • 野良猫の去勢・避妊手術について
  • 各種病気について
  • 症例紹介
お問い合わせ 03-5875-2273